ブロックチェーンって何?誰でもわかりやすく解説

暗号通貨

次世代技術として注目を集めているブロックチェーン。

テレビや新聞では耳にするけども一体何なのかまではわからない。

デジタルの新しい技術なので理解していない人も結構多いです。

ですがもう近々あなたの生活にもブロックチェーンを使った技術が到来するのは確実。

他の人がよく知らない内にちょっとだけ情報を頭に入れておくと良いと思います。

今回はブロックチェーンについて解説します。

今回の内容は動画でも解説しています。

他の内容について動画を配信しているのでぜひチャンネル登録して他の動画もご覧ください。

スポンサーリンク

ブロックチェーン

ブロックチェーンとはみんなの情報をみんなで管理する技術。

安全にデータを記録することが可能なのがブロックチェーンの最大の特徴です。

データをブロック(箱)の中に入れてそれをつなげていく(チェーン)のでブロックチェーンと呼ばれています。

ブロックチェーンは謎の人物サトシ・ナカモトによって考案されたとされます。

 

ブロックチェーンはこれまでの銀行のように誰か一人だけが管理するのではありません。

あなたがブロックチェーンを使ってお金を誰かに送金したとしましょう。

「あなたが送金した」という情報をブロックチェーンでつながっているみんなで確認し合うことになります。

みんなで確認しているからこそ透明性があると言えるのです。

 

誰かに見られているって大丈夫なの?

そう思ってしまうのも無理はないしょう。

ですが一部の人間しか情報を確認できない方が危険だったりします。

 

実際のところ銀行では個人の預金データを書き換えることができます。

それができるのは他の人が見ていないからです。

ただ銀行の信用問題になるのでやらないだけです。

 

実際問題として銀行は口座を凍結することが可能ですよね。

ただ信用が第一の銀行がやっていないだけであってシステムとして安心かというと違うのです。

お金の正体については『お金の正体』の記事をご覧ください。

 

ブロックチェーンの場合だとみんなでみんなの情報を管理、確認します。

誰かが不正を行おうと思ってもそもそもできないのです。

なぜならみんなが見ているから。

白昼堂々泥棒ができないのと同じように。

 

ただブロックチェーンの考え方が今までの考え方とあまりにも違いすぎるので混乱してしまうのも事実。

金融業界で使う横文字なのでわかりにくいというのもあります。

ブロックチェーンはまだ登場して10年程の非常に新しい技術です。

まだまだ法整備が追い付いていないのも確かです。

 

暗号通貨でハッキング事件などが起きていたから怖いと思う人もいるかもしれません。

ただブロックチェーン自体をハッキングされたことは今までないです。

取引所がハッキングされたことはありますが。

 

そもそも取引所のセキュリティがガバガバなことが問題です。

本来はセキュリティがガチガチなのにそれを使っている人間がセキュリティガバガバだったらもうそれは意味がないですから。

だからこそ安全な取引所を使うことが大切ですね。

ブロックチェーンでできること

ブロックチェーンでできることは次の通り

インターネット投票

暗号通貨の発行

契約の自動化

それぞれ詳しく説明します。

インターネット投票

ブロックチェーンはインターネット投票にも活用することができます。

これまでインターネット投票の議論は何度もされてきました。

投票結果の改ざんや他人になりすまして投票する不正投票の問題から実現できませんでした。

セキュリティと正確性が問題がありました。

 

そこでブロックチェーンの出番です。

ブロックチェーンの特徴はデータの改ざんが不可能な点。

投票結果の改ざんや不正投票も事前に防ぐことができるのです。

近い将来はブロックチェーンを利用したインターネット投票が実現されるかもしれませんね。

暗号通貨の発行

ブロックチェーンは改ざんのリスクがないことから暗号通貨の発行に使われています。

暗号通貨として有名なビットコインもブロックチェーンがあるからこそ発行されているのです。

ビットコイン以外にも地域特別コインやその会社独自のデジタルコインも発行されています。

それはブロックチェーンが取引の安全性を担保しているからこそです。

契約の自動化

ブロックチェーンは契約の自動化にも活用されています。

ブロックチェーンを使うことで「いつ・どこで・誰が」という契約の情報を管理することが可能です。

契約の条件が満たされると契約は自動的にスタートします。

これが契約の自動化です。

契約の自動化のことをスマートコントラクトと言います。

 

スマートコントラクトによって契約時の事務処理や仲介者は不必要。

そのため契約にかかる時間や費用を削減することができるのです。

例えば日本の不動産でスマートコントラクトが活用されると膨大な書類の書き込みも不要に。

ほしい物件があったら簡単に契約できることになります。

これまでのように事務処理や審査でまたされることもなくなるのです。

スマートコントラクトについては『スマートコントラクト』の記事をご覧ください。

わからないことがありましたらご相談を!

D.AI.SYは分散型クラウドファンディングプロジェクト。D.AI.SYについては『D.AI.SYとは?』の記事をご覧ください。
EndotechはAIシステムの開発を専門とするイスラエル発のAI開発企業。Endotechは暗号通貨取引所のバイナンスが主催するブローカーアワードでEndotechがスーパーアワードに選出されました。Endotechについては『Endotech(エンドテック)とは?イスラエル発のAIテクノロジー会社』の記事をご覧ください。
アンナ・ベッカー博士はEndotech社のCEOです。アンナ・ベッカー博士については『アンナ・ベッカー博士』の記事をご覧ください。
ビットポイントに登録する方法については『ビットポイントの始め方を徹底解説』の記事をご覧ください。
D.AI.SYプロジェクトに参加するためにはTronLinkが必要です。D.AI.SYに登録する方法は『D.AI.SY(デイジー)に登録する方法』の記事でご確認ください。
TronLinkを新しく作る方法は『TronLinkの新規作成と設定方法を徹底解説』の記事をご覧ください。
TronLinkは事前のバックアップ方法としてバックアッププライベートキーを管理しておく必要があります。TronLinkをバックアップする方法は『TronLinkをバックアップする方法』の記事で解説しています。
スワップとはある暗号通貨を別の暗号通貨に変換すること。TronLinkでスワップする方法は『TronLinkでスワップする方法』の記事をご覧ください。
TronLinkは他の端末に情報を移動させることができます。他の端末にTronLinkを移動させる方法は『他の端末にTronLinkを移動させる方法』の記事をご覧ください。
D.AI.SYのティアをアップグレードすることもできます。D.AI.SYのティアをアップグレードする方法は『D.AI.SYのティアをアップグレードする方法を解説』の記事をご覧ください。
D.AI.SYにログインをする方法は『D.AI.SYにログインをする方法』の記事をご覧ください。
バックオフィスの使い方については『D.AI.SYのバックオフィスの使い方』の記事をご覧ください。
開発益を引き出す方法は『D.AI.SYから開発益を引き出す方法』の記事をご覧ください。
D.AI.SYには様々な報酬プランがあります。D.AI.SYの報酬プランについては『D.AI.SYの報酬プランの種類』の記事をご覧ください。
D.AI.SYの過去の実績は『D.AI.SY AI開発の過去の実績』の記事をご覧ください。
D.AI.SYのURLは『D.AI.SYのURL一覧』の記事をご覧ください。
D.AI.SYは関連する知識がなくても大丈夫です。定期的にD.AI.SYに関する勉強会も実施しています。D.AI.SYに必要な基本知識については『D.AI.SYを理解するために必要な基礎知識』の記事をご覧ください。
他のよくある質問は『よくあるご質問』の記事を参考にしてください。

LINEにご登録いただいた方にD.AI.SYのことがわかる『D.AI.SYスタートアップガイド』を無料でプレゼントしています。

プレゼントが欲しい方は『D.AI.SYインフォメーションLINE』をご登録ください。

LINEではD.AI.SYの最新情報やウェビナーなどのお得情報も発信しています。

下記ボタンをクリックして友達追加を!
\無料でプレゼントをゲット!!/

友だち追加

ブロックチェーンのまとめ

今回はブロックチェーンについて解説しました。

テレビやニュースでも耳にする機会が増えたブロックチェーン。

ですがまだまだ実社会では浸透しきってはいません。

そもそも横文字の金融ITの用語なので慣れないという点もありますが。

ですがスマートフォンはこの10年で誰しもが持つようになりました。

これまでの携帯電話はガラパゴス携帯と呼ばれその姿を見るのもほとんどないでしょう。

あなたが追い付かなくても時代は変わっていきます。

今の内に言葉だけでも何となく理解しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました