D.AI.SYとは?D.AI.SYについてわかりやすく解説

デイジー
記事内に広告が含まれています。

今回はD.AI.SYについてご紹介します。

今回の内容は動画でも解説しています。

他の内容について動画を配信しているのでぜひチャンネル登録して他の動画もご覧ください。

今すぐTronLinkをダウンロード! Limitlessの参加にはTronlinkのアプリが必要です。下記ボタンをクリックしてアプリを無料ダウンロード!

Tronlink: TRX & BTT Wallet

Tronlink: TRX & BTT Wallet

無料posted withアプリーチ

アフィリエイトリンクも必要です。下記の『リンクをコピー』してTronLinkの検索窓に貼り付けてください。
https://iamlimitless.io/ref/ryo0417

スポンサーリンク

D.AI.SYとは

D.AI.SYは近い将来上場を目標としているWeb3.0の支援モデルです。

誰もが参加でき人生を変えるようなチャンスを全員が得られる可能性があります。

 

D.AI.SYは自律分散型組織であるDAO。

そのため既存の会社組織とは全く異なります。

従来のように販売や管理をするようなビジネスではありません。

D.AI.SYにはアプリを使用し参加します。

D.AI.SYに参加しメンバーになるだけで全てが完了します。

開発益・リワード・本物のWeb3.0モデル。

 

近い将来上場を目指してるような非公開のフィンテックモデルの企業。

そんな企業に普通であれば一般人はアクセスすることはできません。

世界的に有名なAIフィンテックモデルが開発した最新のAI技術によって大企業や一部の富裕層は利益を得てきました。

ですが私たちのような一般人にはそのような利益を得るチャンスは巡ってきませんでした。

 

D.AI.SYのメンバーには専業主婦から経営者のように色んな方がいます。

挙げればきりがありません。

大手機関や一部の富裕層だけのものだった多くのリワード。

それらリワードを受取るチャンスがD.AI.SYにはあるのです。

 

「そんな話なんてないでしょ、、、」

そう考えるのが普通の反応でしょう。

ですがD.AI.SYは違います。

なぜなら3年未満で22万人がこのD.AI.SYモデルにすでに参加。

さらに成功を掴んでいるのです

 

3億4000万ドル以上(約510億円)の開発益がAIのテストと開発の一環として発生。

2億4,200万ドル以上(約363億円)のAI開発益は個々の請求によりD.AI.SYメンバーへすでに支払われています。

さらにメンバーは毎週開発益を請求することが可能です。

1億6500万ドル以上(約247億円)がリワードとしてD.AI.SYメンバーに支払われています。

2000万ドル以上(約30億円)がボーナスプールでD.AI.SYメンバーに支払われています。

 

D.AI.SYは全て検証可能であり完全な透明性があります。

これはブロックチェーンとスマートコントラクトテクノロジーのため。

 

そんなD.AI.SYの仕組みを説明します。

D.AI.SYは会社ではなくプロジェクト名です。

D.AI.SYメンバーが一丸となって「世界初のWeb3.0」と呼ばれるモデルに5億ドルを調達していきます。

次世代型のAIを開発するD.AI.SYプロジェクトに私たちは支援しています。

このWeb3.0フィンテックモデルが近い将来、上場することも視野に入っています。

現在ではForexとCryptoのAI開発において非常に効果的なAIシステムをテスト・開発。

そして支援の「御礼」として私たちD.AI.SYメンバーは人生を変えるような恩恵を受けられる大きな可能性を秘めているのです。

 

暗号資産を取り巻く2つの市場であるCRYPTOとFOREX。

CRYPTO市場は年間2兆ドル(約300兆円)。

FOREX市場は1日あたり6兆ドル(約900兆円)。

そんな非常に大きな2つの市場。

それらの市場において大きな利益を得ている人々がいます。

 

彼らを大きく分けると次の3タイプ。

・大手機関

・一部の富裕層

・私たちのような一般人

大手機関は組織内に資金と技術的リソースを持っています。

一部の富裕層は技術やノウハウを持つサードパーティのフィンテック企業やトレーダーを採用し代行。

一般人はトレードのコースや追加のコンピュータースクリーンを購入し自分自身でトレードを試みます。

これら3つのタイプでどれが成功を手に入れやすいでしょうか?

 

大手機関や一部の富裕層は成功を手に入れるでしょう。

ですが私たちのような一般人の95%が失敗します。

でもそれはこれまでの話。

富裕層が雇うサードパーティーのフィンテック機関のひとつを私たちが利用できるようになりました。

まさに業界の常識を覆しているのです。

 

そんなサードパーティのフィンテック企業がEndotech。

Endotechはアンナ・ベッカー博士によって2012年に設立されたイスラエルを拠点とするAIシステム開発企業。

Endotechは世界各国150社以上の投資会社のAIのバックボーンを開発。

業界内で羨望の的となる実績を上げているのです。

アンナ博士は25年以上にわたりAIと金融テクノロジーの分野の先駆者。

彼女は業界の第一人者として認められています。

 

アンナ博士は規制当局と協力しコンプライアンス責任者としても務めてきました。

彼女は有名なテクニオン大学でコンピュータサイエンスの修士号とAIの博士号を取得しています。

法令順守の分野での豊富な経験によりアンナ・ベッカー博士は金融委員会の紛争解決委員会にも任命されました。

 

D.AI.SYが現れるまで私たちのような一般人がEndotechのような企業に関わることは非常に困難でした。

それは一部の富裕層だけの特権。

ですが今ではD.AI.SYのおかげで私たちみたいな普通の人でもわずか200ドルでこの大きなチャンスを手にすることができるのです。

 

Endotechは近い将来の上場を視野に入れAI開発システムのテストと開発のために5億ドルを調達目標としています。

そんなEndotechを各機関が見過ごすはずはありません。

各機関がこの上場を応援するために列をなしていました。

ですが!

Endotechは資金調達に従来のモデルを使いませんでした。

Endotechが選んだのは分散型モデル。

それが、、、D.AI.SY

 

D.AI.SYは分散型AIシステム。

D.AI.SYはDecentralized AI Systemの頭文字から名づけられました。

これはWeb3.0モデルで多くの支援者からAI開発資金を調達。

その御礼として様々なリワードがある世界初のモデルとなります。

ファウンダーのジェレミー、エドワード、イリヤはD.AI.SY Web3.0モデルにおける資金調達の解決策として完璧なパートナーシップをアンナ博士に提案。

その提案に対して彼女の答えは「イエス」でした。

D.AI.SYとEndotechで完璧なパートナーシップが構築がされたのです。

 

D.AI.SYメンバーになることでどんな恩恵を受けられるのかをご紹介します。

世界初のD.AI.SYモデル

1. Endotechからのシェア (条件を満たす支援額のレベルに応じて)

2. AI開発中に発生する開発益

3. コミュニティに貢献したいメンバーには追加のリワード

結局のところどんなプロジェクトでも人が集まらなければ成功はあり得ません。

プロジェクトの成功に貢献したメンバーには貢献度に応じたリワードが受け取れます。

現在22万人のD.AI.SYメンバーがAI開発プロジェクトを支援しています。

そしてその御礼として開発益、ボーナスおよび収入を得ることができます。

 

100ドル以上の支援でD.AI.SYプロジェクトの貢献者になる。

するとエントリーパッケージの70%がスマートコントラトによってD.AI.SYファンドにすぐに預けられます。

そしてD.AI.SY AIの開発と強化のために使用されます。

 

参加できるティアは10種類。

パッケージの金額は100ドルから2倍4倍と倍々に増えていきます。

ティア1~10の場合は70%が開発アカウントに配置され高い開発報酬が得られます。

開発はすぐに開始され生成された全ての利益の70%が各メンバーに均等に配分されるのです。

開発利益の15%がD.AI.SYコミュニティ全体に還元。

開発利益の15%がD.AI.SYの開発チームに使用されます。

 

もちろん過去のAI開発実績は未来の結果を保証するものではありませんが、、、

D.AI.SYがこれまで達成した検証可能で透明性の高い結果は次のとおりです

・5億9000万ドル(約885億円)の資金を調達

・3億4000万ドル以上(約510億円)のAI開発益が発生

・2億4200万ドル以上(約363億円)のAI開発益の支払い

・1億6500万ドル以上(約248億円)のリワードの支払い

・2000万ドル以上(約30億円)のボーナスプールの支払い

・22万のウォレットがプロジェクトに貢献

・スマートコントラクトへのトランザクションは200万件以上

・FOREX AIは18ヶ月で1100%(複利)以上の実績

・Crypto AIは新たにローンチ

 

D.AI.SYの情報を提供してくれた人はきっとあなたを大切に思ってくれている人です。

興味があるならすぐに連絡してみて下さい。

ティア、現在のプロモーション、支援、参加プロセスについて説明してくれます。

 

ここまでD.AI.SYのモデルが22万人のメンバーにどれだけの結果を残しているかを説明しました。

私やあなたのような普通の人たちのために、、、

わずか100ドルでD.AI.SYに参加しAIシステムの開発から得られるリワードを手にしてください。

きっと学べば学ぶほど信じられないような人生に変化をもたらすリワードを手にする可能性があるでしょう。

 

あなたは仕事や今のビジネスを辞める必要もありません。

子どもや家族と共に過ごすたくさんの時間とやりたいことを選択できる人生。

そんな人生を手にできたらどうでしょうか?

あなたがすることはD.AI.SYを信じて行動を起こすだけです。

D.AI.SYをわずか100ドルから始めてこの素晴らしいコミュニティでの旅を始めましょう。

 

開発益、ボーナス、リワード。

D.AI.SYは誰もが勝利しているプロジェクトです。

一人残らず

Everyone Wins

わからないことがありましたらご相談を!


D.AI.SYは分散型支援プロジェクト。D.AI.SYについては『D.AI.SYとは?』の記事をご覧ください。
EndotechはAIシステムの開発を専門とするイスラエル発のAI開発企業。Endotechは暗号通貨取引所のバイナンスが主催するブローカーアワードでEndotechがスーパーアワードに選出されました。Endotechについては『Endotech(エンドテック)とは?イスラエル発のAIテクノロジー会社』の記事をご覧ください。
アンナ・ベッカー博士はEndotech社のCEOです。アンナ・ベッカー博士については『アンナ・ベッカー博士』の記事をご覧ください。
ビットポイントに登録する方法については『ビットポイントの始め方を徹底解説』の記事をご覧ください。
D.AI.SYプロジェクトに参加するためにはTronLinkが必要です。D.AI.SYに登録する方法は『D.AI.SY(デイジー)に登録する方法』の記事でご確認ください。
TronLinkを新しく作る方法は『TronLinkの新規作成と設定方法を徹底解説』の記事をご覧ください。
TronLinkは事前のバックアップ方法としてバックアッププライベートキーを管理しておく必要があります。TronLinkをバックアップする方法は『TronLinkをバックアップする方法』の記事で解説しています。
スワップとはある暗号通貨を別の暗号通貨に変換すること。TronLinkでスワップする方法は『TronLinkでスワップする方法』の記事をご覧ください。
TronLinkは他の端末に情報を移動させることができます。他の端末にTronLinkを移動させる方法は『他の端末にTronLinkを移動させる方法』の記事をご覧ください。
D.AI.SYのティアをアップグレードすることもできます。D.AI.SYのティアをアップグレードする方法は『D.AI.SYのティアをアップグレードする方法を解説』の記事をご覧ください。
D.AI.SYにログインをする方法は『D.AI.SYにログインをする方法』の記事をご覧ください。
バックオフィスの使い方については『D.AI.SYのバックオフィスの使い方』の記事をご覧ください。
開発益を引き出す方法は『D.AI.SYから開発益を引き出す方法』の記事をご覧ください。
D.AI.SYの過去の実績は『D.AI.SY AI開発の過去の実績』の記事をご覧ください。
D.AI.SYのURLは『D.AI.SYのURL一覧』の記事をご覧ください。
D.AI.SYは関連する知識がなくても大丈夫です。定期的にD.AI.SYに関する勉強会も実施しています。D.AI.SYに必要な基本知識については『D.AI.SYを理解するために必要な基礎知識』の記事をご覧ください。
他のよくある質問は『よくあるご質問』の記事を参考にしてください。

LINEではD.AI.SYの最新情報やウェビナーなどのお得情報も発信しています。

下記ボタンをクリックして友達追加を!
\無料でプレゼントをゲット!!/

友だち追加

今すぐTronLinkをダウンロード! Limitlessの参加にはTronlinkのアプリが必要です。下記ボタンをクリックしてアプリを無料ダウンロード!

Tronlink: TRX & BTT Wallet

Tronlink: TRX & BTT Wallet

無料posted withアプリーチ

アフィリエイトリンクも必要です。下記の『リンクをコピー』してTronLinkの検索窓に貼り付けてください。
https://iamlimitless.io/ref/ryo0417

タイトルとURLをコピーしました