ドミニカ共和国でトロン(TRX)が国家通貨に承認

yellow light in black background 暗号通貨

ドミニカ共和国は2022年10月7日に暗号通貨トロン(TRX)を国家通貨に承認しました。

ドミニカ国、トロン(TRX)など国家通貨として承認 ビットコイン以外では初|COIN POST

さらに国家ファントークンであるドミニカコイン(DMC)の発行を行う計画も発表しています。

その目的はドミニカの歴史と観光業を世界的に宣伝するため。

 

トロンは国家のブロックチェーンインフラとして国家と提携するのは初めての事例だと説明。

トロン関連の7銘柄がドミニカ国内で公認デジタル通貨及び交換手法としての法的地位を得ました。

トロン(TRX)
ビットトレント(BTT)
ジャスト(JST)
APENFT(NFT)
テザー(USDT:TRC20規格)
Decentralized USD(USDD)
True USD(TUSD:TRC20規格)

その影響もありトロンリンクウォレットにドミニカ共和国のアイコンが表示されるようになりました。

時代は紙からデジタルに。

いくら抗おうとしてもこの流れは止まることはないでしょう。

すでにスマホがない時代に戻るなんてことは想像できないように。

便利なものに人は惹かれて使い慣れていく。

これからの新しい時代のテクノロジーがどんなものになるのか楽しみですね。

わからないことがありましたらご相談を!

D.AI.SYは分散型クラウドファンディングプロジェクト。D.AI.SYについては『D.AI.SYとは?』の記事をご覧ください。
EndotechはAIシステムの開発を専門とするイスラエル発のAI開発企業。Endotechは暗号通貨取引所のバイナンスが主催するブローカーアワードでEndotechがスーパーアワードに選出されました。Endotechについては『Endotech(エンドテック)とは?イスラエル発のAIテクノロジー会社』の記事をご覧ください。
アンナ・ベッカー博士はEndotech社のCEOです。アンナ・ベッカー博士については『アンナ・ベッカー博士』の記事をご覧ください。
ビットポイントに登録する方法については『ビットポイントの始め方を徹底解説』の記事をご覧ください。
D.AI.SYプロジェクトに参加するためにはTronLinkが必要です。D.AI.SYに登録する方法は『D.AI.SY(デイジー)に登録する方法』の記事でご確認ください。
TronLinkを新しく作る方法は『TronLinkの新規作成と設定方法を徹底解説』の記事をご覧ください。
TronLinkは事前のバックアップ方法としてバックアッププライベートキーを管理しておく必要があります。TronLinkをバックアップする方法は『TronLinkをバックアップする方法』の記事で解説しています。
スワップとはある暗号通貨を別の暗号通貨に変換すること。TronLinkでスワップする方法は『TronLinkでスワップする方法』の記事をご覧ください。
TronLinkは他の端末に情報を移動させることができます。他の端末にTronLinkを移動させる方法は『他の端末にTronLinkを移動させる方法』の記事をご覧ください。
D.AI.SYのティアをアップグレードすることもできます。D.AI.SYのティアをアップグレードする方法は『D.AI.SYのティアをアップグレードする方法を解説』の記事をご覧ください。
D.AI.SYには様々な報酬プランがあります。D.AI.SYの報酬プランについては『D.AI.SYの報酬プランの種類』の記事をご覧ください。
D.AI.SYのURLは『D.AI.SYのURL一覧』の記事をご覧ください。
D.AI.SYは関連する知識がなくても大丈夫です。定期的にD.AI.SYに関する勉強会も実施しています。D.AI.SYに必要な基本知識については『D.AI.SYを理解するために必要な基礎知識』の記事をご覧ください。
他のよくある質問は『よくあるご質問』の記事を参考にしてください。

LINEにご登録いただいた方にD.AI.SYのことがわかる『D.AI.SYコンプリートガイド』を無料でプレゼントしています。

プレゼントが欲しい方は『D.AI.SYインフォメーションLINE』をご登録ください。

LINEではD.AI.SYの最新情報やウェビナーなどのお得情報も発信しています。

下記ボタンをクリックして友達追加を!
\無料でプレゼントをゲット!!/

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました