楽をしようとすると難易度は爆上がりする

a couple of walruss lying on the beach 金融

人間っていう生き物は基本的に楽をしたい生き物です。

大概がダメ人間。

聖人君子みたいな人はもうこの世にはいません。

その徳が認められて守護霊や精霊になっていますから。

ということは現世に居るのは魂レベルがまだ高くない修行が必要なものばかりなわけです。

 

でこの世界というの全てが逆です。

時間は過去から未来に行くのではなく未来から過去に行きます。

やる気が出ないから行動しないのではなく行動しないからやる気がでないのです。

で楽をしようとすると全てがハードモードと化します。

ほとんどの人間が楽をしたいと考えます。

まぁ人間なんてそんなものですが。

 

楽をしたい人は膨大にいるわけです。

つまりそこに競争が発生するわけです。

世界規模の楽をしたい選手権というろくでもないものが世界中で開催されているわけです。

でそんなくだらない選手権に参加しても何も得られません。

それどころが行動をしないので時間だけが経ちます。

やりたいことというのは時間の経過と共に難しくなります。

何にでも複利が発生しますから。

 

実際に楽をしたいと言って楽をしている人に会ったことはあるでしょうか?

基本的に私は知りません。

大概は何かの取り立てにあっています。

楽をして回避しても結局は厄介事に巻き込まれたり。

楽をしようとしたら超難しいことが現実に起きたりします。

この世界では楽をするというのは御法度の様です

ちゃんと魂レベルをあげるイベントが用意されています。

しかも時間が経てば経つほど難しくなるという。

 

しかも楽をしたいと考えている人間を助ける人は基本的にいません。

たとえ最初は上手く逃げれたとしても一人でやる羽目になります。

まぁそんなものです。

だったら観念してさっさとやってしまった方が良いです。

後々ちゃんと取り立てにあいますから。

 

ほとんどの人が楽をしたいと思っているということはあなたがほんの少しだけ頑張れば結果が得られるということ。

だって周りは楽をしたいダラけきった烏合の衆なんだから。

そんなのに劣る理由がないわけです。

楽をするのは諦めてちゃんと努力しましょう。

いつまでも他人にやらせているばかりではダメ。

そんなことをしている人はいつかは見限られる。

ただの優しさに甘えているだけ。

 

因果の法則に則ってちゃんとやるべきことを強制的にやらされるようにできています。

先延ばしにしていても複利で難易度が爆上がります。

複利は怖いですよ。

時間の経過とともに指数関数的に増大するんですから。

だからいつまでも楽をしていないでちゃんとがんばりましょう。

スポンサーリンク

わからないことがありましたらご相談を!


D.AI.SYは分散型支援プロジェクト。D.AI.SYについては『D.AI.SYとは?』の記事をご覧ください。
EndotechはAIシステムの開発を専門とするイスラエル発のAI開発企業。Endotechは暗号通貨取引所のバイナンスが主催するブローカーアワードでEndotechがスーパーアワードに選出されました。Endotechについては『Endotech(エンドテック)とは?イスラエル発のAIテクノロジー会社』の記事をご覧ください。
アンナ・ベッカー博士はEndotech社のCEOです。アンナ・ベッカー博士については『アンナ・ベッカー博士』の記事をご覧ください。
ビットポイントに登録する方法については『ビットポイントの始め方を徹底解説』の記事をご覧ください。
D.AI.SYプロジェクトに参加するためにはTronLinkが必要です。D.AI.SYに登録する方法は『D.AI.SY(デイジー)に登録する方法』の記事でご確認ください。
TronLinkを新しく作る方法は『TronLinkの新規作成と設定方法を徹底解説』の記事をご覧ください。
TronLinkは事前のバックアップ方法としてバックアッププライベートキーを管理しておく必要があります。TronLinkをバックアップする方法は『TronLinkをバックアップする方法』の記事で解説しています。
スワップとはある暗号通貨を別の暗号通貨に変換すること。TronLinkでスワップする方法は『TronLinkでスワップする方法』の記事をご覧ください。
TronLinkは他の端末に情報を移動させることができます。他の端末にTronLinkを移動させる方法は『他の端末にTronLinkを移動させる方法』の記事をご覧ください。
D.AI.SYのティアをアップグレードすることもできます。D.AI.SYのティアをアップグレードする方法は『D.AI.SYのティアをアップグレードする方法を解説』の記事をご覧ください。
D.AI.SYにログインをする方法は『D.AI.SYにログインをする方法』の記事をご覧ください。
バックオフィスの使い方については『D.AI.SYのバックオフィスの使い方』の記事をご覧ください。
開発益を引き出す方法は『D.AI.SYから開発益を引き出す方法』の記事をご覧ください。
D.AI.SYの過去の実績は『D.AI.SY AI開発の過去の実績』の記事をご覧ください。
D.AI.SYのURLは『D.AI.SYのURL一覧』の記事をご覧ください。
D.AI.SYは関連する知識がなくても大丈夫です。定期的にD.AI.SYに関する勉強会も実施しています。D.AI.SYに必要な基本知識については『D.AI.SYを理解するために必要な基礎知識』の記事をご覧ください。
他のよくある質問は『よくあるご質問』の記事を参考にしてください。

LINEではD.AI.SYの最新情報やウェビナーなどのお得情報も発信しています。

下記ボタンをクリックして友達追加を!
\無料でプレゼントをゲット!!/

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました