提案が格段にうまくなる方法

woman in red crew neck t-shirt lying on bed

提案してもすんなり決まる人もいれば何回トライしてもうまくいかない人がいます。

提案してすぐ決まる人を見て「羨ましいな」って感じるかもしれません。

ですが実際のところ両者の違いはほんのわずかしかありません。

そのほんのわずかな違いはあることを知っているか知っていないか。

提案がうまくいく人はそのことについて言語化できていなくても日常的にそれをやっているケースがかなりあります。

つまり感覚として染みついているのです。

ですが彼らは天才肌ゆえにそれを上手に伝えることができないという欠点も持ち合わせています。

実際自分のノウハウをちゃんと言語化できる人ってかなり少数だったりしますから。

今回の話は多くの人がなかなか語らないであろう話をします。

そしてその話をあなたが真に理解できたとき、あなたの提案力は格段にアップすることでしょう。

そういったノウハウは基本的に超高額だったりします。

理由は提案がうまくいくようになれば売上が数千万レベルで変わるからです。

たった1つのことを変えただけで売上の桁が数段あがったなんて話はゴロゴロあります。

これがコンサルの世界でもあります。

つまり知識を知るだけであなたの世界が大きく変わるのです。

知っているか知っていないか。

たったそれだけであなたの成果が大きく変わってしまうのです。

知っていればなんてこともない話でも新しく知る人によっては衝撃的な内容だったりします。

これから具体的な話をデイジーの話と絡ませて話していきます。

ぜひ最後までじっくり読んでください。

 

また一度読んだだけでは理解はできないと思います。

なので実際に話の練習をしてみることをおすすめします。

うまくいかない人は練習不足なケースがほとんどです。

練習なしのぶっつけ本番で挑もうとします。

そうして無惨にも散っていく姿を何度も見てきました。

成功は再現性はありませんが失敗は再現性があります。

みんな同じ内容で失敗をするのです。

だから失敗例をなるべくつぶすことが成功への近道だったりします。

だからこそめんどくさがらず練習する。

そのめんどくさいという態度が相手にも伝わってあなたの話を聞いてくれないのです。

真剣にやった人の目には火が灯ります。

それを相手はちゃんと見ているのです。

そのことをくれぐれも頭にいれておいてください。

具体的なステップで紹介していきます。

スポンサーリンク

できない自分を認める

できない人ほどなぜか自信たっぷり。

練習してないのに自信たっぷり。

なぜそんなことになるのか?

それは自分の評価を正しくできないから。

自分の評価を正しくできないからこそ自己評価が不当に高くなります。

でもそれで実際に苦しんでいますよね?

実際にやってみたらうまくいかないなんてことはあなたの経験上わかっているはず。

練習なしで本番でうまくいくなんてケースはほとんどないわけです。

だって優秀な人はあなたの数倍は練習と失敗を繰り返しているんだから。

練習している人と練習していない人ではどちらの方が結果が出やすいなんて火を見るより明らか。

でも大人になると他人からフィードバックを受けるのって怖くなります。

だって今まで耳の痛い話からずっと逃げてきたんだから。

相手が刃物を持って自分を攻撃していると考えてしまう。

だから自己評価を高めて他人から攻撃されないようにする。

これができない人が自分の評価を高めてしまう理由。

つまりは人間に備わった防衛本能です。

 

野生で動物を刈っていた時代にはそれがうまく機能しました。

ですが現代においてはそれは邪魔になりつつあります。

自分ができないことを認める。

まずはそこからじゃないでしょうか?

そうしてから自分の話をできる人に吐露する。

そこに自慢話なんていりません。

だってあなたができないことはもうわかっているんだから。

それよりも素直にアドバイスを聞いて実践する姿勢の方が大事。

できる人はそもそもそんな小さいことであなたを見捨てることはしません。

できない人がどうやったらできるようになるかを真剣に考えています。

 

この話を書いているのもそのためです。

あなたができるようになってほしいのは本心です。

あなたが変わるきっかけになればと願って本気で文字に魂を込めて書いているのです。

まずはできない自分を認める。

小さなプライドなんてゴミ箱に捨ててしまう。

そこから始めましょう。

 

できない自分を認めることは誰かに負けることではありません。

そこからがスタートです。

あなたが成功するための大きな一歩。

自分ができないということを認めるには勇気がいります。

でもその勇気を振り絞らない限り現実は変わりません。

神様はあなたが勇気を振り絞ることを切望しています。

それがあなたの魂の大きな成長へとつながるから。

生まれた時は何もできません。

生きることですらままならないほどです

でもそんな弱い自分だったしてもあなたの両親は精一杯の愛情であなたを包んでくれたはずです。

できないことに対して怒らなかったはず。

でも成長するにつれてできないことを怒られる場面がでてきた。

そんな場面でも精神を壊さないようにするために懸命にメッキをほどこした。

それが今のあなたです。

でもそれはただのメッキでしかありません。

見る人が見れば一瞬で見抜かれてしまうほど薄いメッキです。

そんなものでコーティングする必要はもうありません。

できない自分を認めるまずはそこから始めてみませんか?

提案しない相手を決める

次の具体的なステップの話をしていきます。

提案しない相手を決めましょう。

提案がうまくいかないあなた。

あなたは提案する相手を決めているでしょうか?

もっと言うと提案してはいけない相手に提案していないでしょうか?

あるサービスが全ての人にとってぴったりなものって存在しません。

どんなサービスでも合う人と合わない人がいます。

それはデイジーにおいても同じです。

合わない人には合わないのです。

 

そもそも合わない人にデイジーについて提案をしても時間の無駄です。

それは相手の時間を奪う行為になります。

その結果あなたの信用が落ちます。

よくマルチ商法をやっている人が知り合いにかたっぱしから連絡している姿を見たことないでしょうか?

彼らは自分の携帯の連絡先にかたっぱしから連絡しまくる。

もちろんのその中にはほとんど話したことない人も含まれる。

一度も話したことないのにいきなりビジネスがどうのこうの話し始める。

それは相手からしたら怪しいだけしかありません。

だってあなたのことを知らないんだから。

 

そんな人を信用できる要素なんて一つもありません。

そして莫大な数に連絡をしまくって自己肯定感を下げる。

これもテンプレートみたいなものです。

やってはダメなことをそのままして失敗しているに過ぎません。

行動する前に戦略を練る必要があります。

 

その第一歩が提案しない相手を決めることです。

もちろん提案しない相手は人によって様々だと思います。

なので今回は私が提案しないと決めている人をご紹介します。

・奪うことしか頭にない人

・嫌いな人

・お金しかない人

・批判ばかりする人

・他責思考な人

・嘘をつく人

・自信過剰で傲慢な人

そういった条件に当てはまる場合は提案しないようにしています。

こういった人に提案してもデイジーやあなたのことをバカにしてくるだけで精神がやられていきます。

全員にチャンスがあるものでもありません。

先ほどの条件に当てはまる場合はチャンスに当選しなかったと思っておいておきましょう。

 

では反対にどんな人に提案すると良いのか?

私の一例を紹介します。

・自分が好きな人

・夢がある人

・自責思考な人

・実際に行動している人

・誠実な人

そんな人に提案するようにしています。

そうすることで自然と成功確率も上がります。

 

うまくいっている人は闇雲にやっているのではありません。

ちゃんと準備をしてやっているのです。

もちろんあなたが見えないところで。

実際にうまくいっている人の働いている時間を一度聞いてみると良いです。

超ハードワークしていることがわかると思います。

夜に気絶するまで16時間以上働いているなんてざらです。

あなたの想像している数倍は働いています。

ただそれを見せないようにしているだけです。

準備するためにはそれなりに時間がかかります。

それほど膨大な時間をかけて準備した上で提案する。

それは成功確率も当然上がりますよねという話です。

当たり前のことを当たり前にやる。

そんな考えが大事です。

まずは提案しない相手はどんな人なのか紙に書いてみましょう。

相手のタイプを分類する

提案しない相手が決まったら次は相手のタイプを分類していきます。

人は何かを伝える時に誰に対しても同じ伝え方をしてしまいがちです。

ですが人それぞれ性格や好き嫌いが違うように情報の受け取り方も違います。

それにも関わらず同じ伝え方をしてしまったために自分は伝えたつもりなのに相手には全く伝わっていなかったという問題に直面してしまいます。

人間は大きく分けると4つのタイプに分類することができます。

これはアメリカの教育論者のデイヴィット・コルブによって開発された経験学習モデル。

このモデルを使うことでタイプに応じた伝え方ができるようになるのです。

4タイプの次の通り

・なぜ型タイプ

・なに型タイプ

・どうやって型タイプ

・今すぐ型タイプ

この4タイプに分類することができます。

もちろん1つのタイプしか持っていないということではなく複数のタイプを持っている場合がほとんど。

ですがそれにも強弱があることを覚えておきましょう。

では具体的にタイプ別について見ていきます。

なぜ型タイプ

なぜ型タイプは情報を得る時に「なぜ?」と「理由」を求めるタイプ。

その理由やなぜに納得したら行動します。

デイジーの話をしている時に質問ってよく受けると思います。

そんな質問をよくするのがなぜ型タイプです。

彼らが気になっているのは

なぜそれをしなければならないのか?

それをやるメリットはあるのか?

逆にデメリットはないのか?

とにかく理由を提示する必要があります。

そんな彼らに対応するためにも事前にデイジーについて学んでおく必要があります。

中途半端な知識で提案して質問に答えられない。

その結果デイジーはなんだか怪しい。

それで終わってしまっているのです。

ですが彼らに誠実に答えることでちゃんと納得して取り組んでくれます。

おそらく多くの人がこのなぜ型タイプと対峙してうまくいかずにケチョンケチョンに言われてメンタルを病むというのがテンプレです。

そんな彼らにはちゃんと理由を言う。

 

デイジーにおいて具体例はこんな感じですかね。

デイジーのメリットは報酬がドル(USDT)なこと。

今は円安なので外貨を獲得しておくことで簡単に資産を増やすことができる。

2021年1月は1ドルが103円。

2023年11月には1ドルが150円。

つまりわずか3年未満で1.5倍になったということです。

会社からの給料が3年で1.5倍になるなんてことはまぁありません。

日本の給料は30年で横ばいどころから下がっていますから。

そんな状況下なので外貨を持つことはあなたの資産を守るためにかなり重要になってきています。

 

デイジーの実績としてForexにおいてはマイナス月が1度もありません。

現状は毎月プラスになっています。

AIを使った暗号通貨は数年で頓挫することがほとんど。

報酬もほとんど支払われることなく運営だけ利益を得てトンずらするなんて話ばかりです。

そのため日本人が暗号通貨に対してマイナスイメージを持つのも無理はありません。

某著名人のスピンドルなんてその例だと思います。

でもデイジーは実際に成長を続けてAIの開発も完了しています。

後はじっと待つだけで良いのです。

デイジーの過去の実績は『D.AI.SY開発の過去の実績』を見せると良いでしょう。

それにあわせてあなたの実際に画面を見せると相手も納得してくれます。

 

デイジーは他の人に提案しなくても報酬が得られます。

多くの暗号通貨ビジネスでは誰かに内容を提案しないと報酬が得られないようになっていたります。

それは紹介者から紹介料でビジネスを回すというポンジスキームになっているからです。

実際は開発が完了していないのに開発チームががんばっていると嘘を喧伝したり。

そんなのが非常に多いです。

でもデイジーは毎日の開発利益を公開しています。

ここまで透明性があるプロジェクトもなかなかありません。

 

デイジーを今すぐやるべき理由は参加できるのは来年の2月まで。

それ以降はもう参加のチャンスがなくなる。

そもそもかなり忙しい状況なのでちゃんと説明できるのは今日限り。

なので参加がもうじき締められるのとちゃんと説明する時間は今しかありません。

もちろん他にもメリットは今すぐやるべき理由はあるかもしれません。

ですがまずは具体例の内容をしっかりと覚える。

そうすることで実際に提案する場面になってもオドオドすることがなくなります。

あなたがオドオドして話していると相手は不安に感じます。

その態度が胡散臭さに拍車をかけていることをまずは理解してくださいね。

なに型タイプ

なに型タイプはエビデンスがないと行動できないタイプの人。

ネットでもよく見かけると思います。

それってエビデンスあるんですか?とかソースはとか?って言う人。

まぁちょっとイラっとしますよね。

なに型タイプの人は理論的な人です。

そのため常にそれって本当?という疑いの目で情報を見ています。

だからこそ目先の利益ではなく高い視点から物事を俯瞰的に見せる必要があるのです。

彼らは事実、根拠、証明、証拠、データが大好き。

それがないとあなたの話は信じません。

 

以前こんなことがありました。

「アンナ博士なんて聞いたことがない。彼女の出した論文とかないの?」

そして実際にアンナ博士が執筆した論文を見せました。

どうやらその人は数学の博士号を持っている人らしくアンナ博士の理論の素晴らしさも理解してくれました。

正直最初は「なんだ冷やかしか」と思いましたけど。

ですが実際にアンナ博士の論文を見せることでデイジーのメンバーとして行動してくれています。

そういったこともあるので事実やデータを出すのが大事です。

 

データとして使えるものを置いておきます。

アンナ博士論文①

『Perfect Tree-like Markovian Distributions|Uncertainty in Artificial Intelligence 17, 19-23 2000年1月1日』

アンナ博士論文②

『Optimization of Pearl’s method of conditioning and greedy-like approximation algorithms for the vertex feedback set problem|Artificial Intelligence 83:167—188  1996年1月1日』

アンナ博士論文③

Optimization of Pearl’s method of conditioning and greedy-like approximation algorithms for the vertex feedback set problem

金融委員会の紛争解決委員会(DRC)に任命

Financial Commission Appoints Dr. Anna Becker to its Dispute Resolution Committee (DRC)|The Financial Commission

フォーブス記事

As The Metaverse And Crypto Economy Grows, Regulation Starts To Catch Up|Forbs

過去の実績

D.AI.SY開発の過去の実績

ブルジュハリファへのデイジー広告

これらのデータや実績に加えてネット上でデイジーが怪しいと言われている記事もあります。

そんな記事に対する反論も用意しておくと良いです。

デイジーの怪しい点に関する解説記事は『DAISYの怪しい点や評判を徹底調査』の記事を見ておけばクリアになると思います。

提案している時に急に言われてもタドタドしくならないように上記の記事の内容を暗記することは必要でしょう。

その内容をちゃんと理解することでデイジーってちゃんとしているんだなと改めて理解できると思いますから。

実績を見せる時もぱっとわかるようにしておくことが大事。

そこでモタモタしてると怪しく思われてしまいますから。

 

なに型タイプに向けての内容は例えば次の通り

デイジーはこれまで22万人が参加しています。(実際に参加者数の画面を見せる)

約510億円の開発益がAIのテストと開発の一環として発生。

約363億円のAI開発益がメンバーへ支払われています(過去の実績)。

デイジーのパートナーであるEndotechのアンナ博士はAIのプロフェッショナル。

彼女にとってChatGPTはスモールテクノロジー。

そんな彼女は大学在学中にAIやアルゴリズムに関する論文を執筆。

金融委員会の紛争解決委員会(DRC)にも任命されたことがあります。

フォーブスにも取り上げられた実績があります。

広告審査が厳しいドバイのブルジュ・ハリファにもデイジーの広告を掲載。

ある意味国からのお墨付きが得られた形になっています。

そもそも怪しいプロジェクトだとブルジュ・ハリファになんて広告掲載できません。

なに型タイプの人にはあなたの主観的な主張だけでは足りません。

その情報の根拠となる事実を伝えることが必要になります。

この根拠をちゃんと言えることであなたは信用に値する人物かを見定めているのです。

ある意味ではあなたに期待しているからこそちゃんとした事実にこだわるのです。

その期待にあなたはしっかりと答える必要があります。

それが覚悟でありあなたが相手に見せるべきものです。

どうやって型タイプ

どうやって型タイプは具体的な手順や方法がわかると行動するタイプ。

具体的な手順が明確されていないと行動には移せません。

彼らが大事にしているのが手順。

そのためどうやって型タイプを行動させるにはステップ1→ステップ2→ステップ3と具体的に示すこと。

どうやって型タイプの人の口癖は「これってどうやってやるんですか?」

手順を示してもらうことで動く事ができます。

デイジーにおいてはデイジーに参加するまでの具体的なステップを示すことです。

ここでよくやってしまうのがすでにデイジーについて知っているからこそその手順をすっ飛ばしてしまうんです。

相手はまだデイジーについて何も知りません。

しかも具体的なステップについて知りたいのにそれについて答えない。

それだとあなたは信頼に値しない人物として認識されてしまいます。

会話の中で「どうやって」がよく出てくる場合はどうやって型タイプが強いと考えられます。

具体的な手順をわかりやすく示しましょう。

 

どうやって型タイプに向けての内容は例えば次の通り

デイジーに参加するにはまずはTronLinkを作成します。

これはデジタル上の財布のようなものです。

この財布を使ってデイジーなどを管理します。

次にビットポイントに登録します。

ビットポイントを使うことでデイジーの参加に必要なトロンを入手することができます。

トロンが入手できたら一部のトロンをUSDTというものに変換します。

変換にはTronLink内の機能を使います。

トロンとUSDTが入手できたらデイジーに参加していきます。

この時に資料を使って見せるとわかりやすく相手も安心します。

そのためにデイジースタートアップガイドを使ってください。

またどうやって型タイプの人は一緒にやってあげると安心する場合があります。

なので一緒にやりましょうと声掛けをして一緒に手を動かしながらやる。

一緒にやってくれる安心感があなたへの信頼感へと変わります。

そこでめんどくさがらずに一から一緒にできるかが大事です。

どうやって型タイプの人はとにかくやり方が気になります。

なので当サイトやYouTubeも活用してくださいね。

今すぐ型タイプ

今すぐ型タイプはとりあえず何をしたらいいのかを教えれば動きます。

最初の一歩を踏み出すためのきっかけが欲しいわけです。

今すぐ型タイプはやるべきことがわかれば即行動できるのが特徴。

人から聞いたらとりあえず行動してみる。

とりあえず動いてみてダメなら次のことをやる。

そんな感じですぐに実践する人です。

そのために具体的なアクションを伝えることで行動します。

 

今すぐ型タイプに向けての内容は例えば次の通り

デイジーに参加するために必要な費用を準備してください

TronLinkをダウンロードしてください。

このように今すぐできることを具体的に伝えます。

また具体的な行動に加えてあなたの経験談や実体験を加えるとなお良しです。

ただし今すぐ型タイプの人はあまりいません。

特に会社員には少ない印象です。

逆にフリーランスや経営者に多い気がします。

タイプ別に内容を話す

ここまで提案しない相手を決めてタイプを分類しました。

後は相手のタイプに合わせて内容を話すようにしていきます。

このタイプは1つだけしか持っていないのではなく強弱があります。

さらに知らない分野についてはなぜ型タイプが多くなります。

これについては理解できると思います。

AIや暗号通貨という新しい分野においては特になぜ型タイプが増えます。

そのため事前にしっかりと準備しておくことが大切です。

準備をしておかないと相手の疑問点を解消することができないため失敗に終わってしまいます。

わかりきった失敗をしてしまっているのです。

そうして自己評価を下げて最後は諦めてしまう。

そんな人をたくさん見てきました。

だからこそせっかく縁があったあなたにはきっかけをつかんでほしいのです。

相手のタイプがわかれば話す内容も臨機応変に変えることができます。

実際にうまくいっている人は相手によって話す内容を変えています。

だからこそ同じテーマで話をしてもちゃんと伝わる人と伝わらない人が現れます。

相手のタイプをガン無視した内容を話しても伝わるものも伝わりません。

タイプ別に話す内容はすでに前章で解説しました。

その内容をベースに話す内容を考えてみましょう。

実際はほとんど変える必要はないと思いますが、、、

話す内容を考えたら後はそれが自然に出るように練習します。

練習なしで本番に行くなんて言語道断です。

 

そしてあなたの提案がうまくいくかどうかは提案する前にすでに決まっています。

準備不足で挑むということは相手の時間を奪う行為であり失礼な行為です。

そんな行動ばかりをしているとどんどん優しい人や大切な人が離れていく原因となります。

相手が悪いのではなくあなたのその怠惰な態度が原因なのです。

そこを改めないことには結果は残念ながら変わりません。

結果と原因がセットという因果の法則はこの宇宙で生活している全ての人に当てはまります。

誰一人として例外はありません。

なので事前の準備をしっかりと行いましょう。

練習を300%やってやっと本番で100%で発揮できるもの。

あなたにはそれだけの準備ができているでしょうか?

厳しいことをいうかもしれませんが社会はそういった厳しさもあるものです。

ただその経験が今後のあなたの人生の糧になることは言うまでもありません。

 

やると言ったら後は覚悟を決めるだけです。

覚悟を決めた人は本気になります。

本気になった人の目にはちゃんと闘志が灯ります。

これまでに社会で挑戦して生きた人ほど相手の目をちゃんと見ます。

そこで相手の全ての人生がわかるほどです。

それだけ相手のジャッジされていることを忘れはいけません。

中途半端にふらふらせずに覚悟を決める。

まずはそれをやってください。

そうしたら見える景色が変わります。

決めないと何も変わらないようにこの世界はできていますから。

 

この文章も私が魂をこめて書いています。

全てはあなたがうまくいくようにです。

これを読んであなたの人生が変わることを願っています。

今回の話はあらゆることに応用が可能です。

なぜなら人を動かす方法だからです。

人が動く事によってあらゆることが動きます

仕事も人生も。

そこには人の動きがあります。

やることはシンプルにも関わらずほとんどの人が今回書いた内容ができていません。

当たり前をやらずに飛び道具ばかりを狙ってしまう。

そんな簡単な方法が使えるのは上級者だけです。

初心者はまずは基礎をしっかりとやること。

今回の内容が提案やセールスの基本的な内容になります。

この基本をまずはマスターする。

それだけで十分に活躍できるスキルを身につけることができますから。

あなたがうまくいくことを心より願っています。

タイトルとURLをコピーしました