D.AI.SY(デイジー)は詐欺なの?怪しい点について徹底調査

デイジー

今回はD.AI.SYが詐欺なのかどうか?怪しい点について調査していきます。

D.AI.SYの怪しい点

Endotechの住所

Endotechは具体的な住所や連絡先を公開していません。

その理由はD.AI.SYが始まった時にEndotechに人が殺到したため。

1日で5000件以上の電話が鳴り響き業務がパンクしたという経緯があります。

そのため現在は所在地も連絡先も非公開になっています。

 

以前Endotechは住所を公開していました。

その住所を検索するとビル1階のレストランが表示されました。

その情報を元に「Endotechを検索したらレストランが表示されたからこれはおかしい」と未だに言っている人がいます。

 

ですがよく考えてみてください。

日本のオフィス街である赤坂。

その赤坂を象徴するようなオフィスビルとして赤坂bizタワーがあります。

その1階にはカフェやイタリアンや雑貨店、2階にはスターバックスコーヒーが入っています。

その状態を見て「このビルにはレストランが入っているからおかしい」とはならないと思います。

実際のところ赤坂bizタワーには博報堂やロイター、東京エレクトロンなど世界の名だたる企業が入っています。

1階がレストランだからと言って「このビルに入っている企業はおかしい」とはならないと思います。

 

Endotechが以前に入っていたビルの1階がレストランだったというだけでEndotechまで怪しいとはならないはずです。

そういった情報を発信している人はD.AI.SYの直近情報を得てない人だと思いますね。

金融ライセンス

「Endotechは金融ライセンスを持っていないから怪しい」という情報もネット上では散見されます。

ですがそもそもの考えが間違っています。

 

Endotechはあくまでシステム会社。

そしてBINANCEやGEMINIなど金融ライセンスを持っている会社にシステムを販売しているだけです。

そのためEndotechには金融ライセンスは必要ありません。

例えば日本のメガバンクには金融取引を行うための金融ライセンスは必要です。

銀行にシステムを納入している会社には金融ライセンスが必要ないのと同じです。

あくまでEndotechはシステム会社であり取引所が扱っているだけなのですから。

 

またD.AI.SYはクラウドファンディングのAI開発プロジェクトです。

あくまで寄付型のクラウドファンディングなのでこちらも金融ライセンスは必要ありません。

そのためEndotechは金融ライセンスを持っておらずサイト内に金融ライセンスの情報がないのは当たり前なのです。

日本語情報が少ない

D.AI.SYの日本語情報はまだまだ少ないとは思います。

それは事実でしょう。

ですが日本語情報が少ないからと言って全てが怪しいという話でもありません。

D.AI.SYの情報を発信している人はごくごく少数です。

そのため日本語情報は少ないかもしれません。

 

そもそもインターネットの中で日本語情報はわずか3%しかありません。

そのため日本語の情報は元より少ないのです。

D.AI.SYに関しても同じ。

英語で検索するとD.AI.SYに関するリアルな情報が取得できます。

そのため本当の情報を取得したいのであれば英語で情報収集する必要があるのです。

「日本語の情報がないから怪しい」というのはあまりにも判断としては時期尚早。

 

「日本語だから大丈夫」という話でもないのが実際のところ。

実際のところ日本人のプロジェクトの方が怪しいものが盛りだくさんだったりします。

 

D.AI.SYでは毎週月曜日にD.AI.SYの勉強会も実施しています。

そういった勉強会の情報がほしいという人は『D.AI.SYインフォメーションLINE』を登録しておいてくださいね。

アンナ・ベッカー博士

EndotechのCEOを務めているのがアンナ・ベッカー博士。

「アンナ・ベッカー博士の日本語での情報が少ないから信用できない」という書き込みが見られました。

ですが本当に情報を探したのでしょうか?

アンナ・ベッカー博士は2017年から2019年まで金融委員会の紛争解決委員会(DRC)に任命されていました。

Financial Commission Appoints Dr. Anna Becker to its Dispute Resolution Committee (DRC)|The Financial Commission

身元不明な人間がそんな金融委員会のメンバーに選ばれるでしょうか?

よっぽどアンナ・ベッカー博士のことを信用できないと言っている人間の方が信用できないと思ってしまいます。

私は実際にアンナ・ベッカー博士にも会ったことがあるので。

アンナ・ベッカー博士については『アンナ・ベッカー(Anna Becker)博士とは?』の記事をご覧ください。

サポート窓口

D.AI.SYにはサポート窓口はありません。

そもそもD.AI.SYはWeb3.0なのでEndotechがサポートするものではありません。

それはあくまでもWeb2.0の考え方。

Web3.0では会社が情報を管理するのではなく個々人が情報を管理します。

Web3.0については『Web3.0』の記事をご覧ください。

 

実際のところ「ログインができなくて困った」という問い合わせもよくあります。

パスワードを忘れてしまった場合はD.AI.SY側からはどうしようもありません。

あくまで情報を管理するのは個人。

パスワードは自分でちゃんと管理しましょう。

D.AI.SYについて相談したい場合は『D.AI.SYインフォメーションLINE』にまでご相談ください。

D.AI.SYを酷評しているサイトの実情

D.AI.SYを酷評しているアフィリエイトサイトがありますが、、、

どんなことに誘導しているかを調べるとFX口座の開設に誘導するものでした。

「〇〇+詐欺」と検索するのはその○○に対して不安に思っている人です。

そして〇〇の不安な点を挙げて違う案件に誘導するというのが昔からの手法。

 

「情報商材の詐欺を暴く」と言いながら違うものに誘導する。

昔からよくある方法です。

その人が実際に情報商材のことを詳しいかと言うとそうでもないパターンがほとんど。

ただのアフィリエイト報酬狙いだったりします。

 

もちろん誰の話を信用するかはあなた次第だと思います。

当サイトではD.AI.SYに関する情報を発信しているのでよく読んでみてください。

気になることや不安なことがありましたら『D.AI.SYインフォメーションLINE』にまでご相談くださいね。

わからないことがありましたらご相談を!

D.AI.SYは分散型クラウドファンディングプロジェクト。D.AI.SYについては『D.AI.SYとは?』の記事をご覧ください。
EndotechはAIシステムの開発を専門とするイスラエル発のAI開発企業。Endotechは暗号通貨取引所のバイナンスが主催するブローカーアワードでEndotechがスーパーアワードに選出されました。Endotechについては『Endotech(エンドテック)とは?イスラエル発のAIテクノロジー会社』の記事をご覧ください。
アンナ・ベッカー博士はEndotech社のCEOです。アンナ・ベッカー博士については『アンナ・ベッカー博士』の記事をご覧ください。
ビットポイントに登録する方法については『ビットポイントの始め方を徹底解説』の記事をご覧ください。
D.AI.SYプロジェクトに参加するためにはTronLinkが必要です。D.AI.SYに登録する方法は『D.AI.SY(デイジー)に登録する方法』の記事でご確認ください。
TronLinkを新しく作る方法は『TronLinkの新規作成と設定方法を徹底解説』の記事をご覧ください。
TronLinkは事前のバックアップ方法としてバックアッププライベートキーを管理しておく必要があります。TronLinkをバックアップする方法は『TronLinkをバックアップする方法』の記事で解説しています。
スワップとはある暗号通貨を別の暗号通貨に変換すること。TronLinkでスワップする方法は『TronLinkでスワップする方法』の記事をご覧ください。
TronLinkは他の端末に情報を移動させることができます。他の端末にTronLinkを移動させる方法は『他の端末にTronLinkを移動させる方法』の記事をご覧ください。
D.AI.SYのティアをアップグレードすることもできます。D.AI.SYのティアをアップグレードする方法は『D.AI.SYのティアをアップグレードする方法を解説』の記事をご覧ください。
D.AI.SYには様々な報酬プランがあります。D.AI.SYの報酬プランについては『D.AI.SYの報酬プランの種類』の記事をご覧ください。
D.AI.SYのURLは『D.AI.SYのURL一覧』の記事をご覧ください。
D.AI.SYは関連する知識がなくても大丈夫です。定期的にD.AI.SYに関する勉強会も実施しています。D.AI.SYに必要な基本知識については『D.AI.SYを理解するために必要な基礎知識』の記事をご覧ください。
他のよくある質問は『よくあるご質問』の記事を参考にしてください。

LINEにご登録いただいた方にD.AI.SYのことがわかる『D.AI.SYコンプリートガイド』を無料でプレゼントしています。

プレゼントが欲しい方は『D.AI.SYインフォメーションLINE』をご登録ください。

LINEではD.AI.SYの最新情報やウェビナーなどのお得情報も発信しています。

下記ボタンをクリックして友達追加を!
\無料でプレゼントをゲット!!/

友だち追加

 

タイトルとURLをコピーしました