アンナ・ベッカー(Anna Becker)博士とは?

デイジー

アンナ・ベッカー博士ってどんな人なの?

日本人にとってはあまり聞き馴染みのない人物かもしれません。

ですがAI金融の分野では先頭を走っている人物なのです。

今回はアンナ・ベッカー博士についてご紹介します。

スポンサーリンク

アンナ・ベッカー博士とは?

アンナ・ベッカー博士はEndotech社のCEOです。

そしてEndotech社はD.AI.SYプロジェクトのパートナー企業となります。

彼女はAI(人工知能)に関わるプロフェッショナル。

アンナ・ベッカー博士はイスラエルの国立大学であるテクニオン-イスラエル工科大学で人工知能の博士号を取得。

大学卒業後はAI関連企業を設立しそれらを売却。

アンナ・ベッカー博士が開発したディープラーニングアルゴリズムは10年以上にわたり機関投資家の資金管理を支えているのです。

さらに彼女が率いるAI科学者チームはアメリカ、ヨーロッパ、アジアの150を超える投資会社でAI投資の管理システムを提供しています。

2017年から2019年まで金融委員会の紛争解決委員会(DRC)に任命されました。

Financial Commission Appoints Dr. Anna Becker to its Dispute Resolution Committee (DRC)|The Financial Commission

 

彼女が出版した書籍はヨーロッパとアメリカのAI金融家の愛読書となっているのです。

Réseaux bayésiens

Réseaux bayésiens

Les réseaux bayésiens

Les réseaux bayésiens

アンナ・ベッカー博士は機関投資家を長年支援した後に小規模な小売市場を支援したいと考えます。

その考えの元に設立したのがEndotech社です。

これまでのおかしなと金融システムの破壊とブロックチェーンを使った新たな金融システムの創造。

そのために彼女はEndotech社を率いているのです。

フォーブス

世界的な経済紙のフォーブスの記事にアンナ・ベッカー博士とエンドテック社が特集されました。

顧客16万人以上のアカウントで結果はトップ機関の結果よりも優れていると記載されました。

最後の言葉として「私たちはすべての投資家がより規律ある方法で暗号通貨のような市場の可能性を活用できるようにする技術を提供しています」

As The Metaverse And Crypto Economy Grows, Regulation Starts To Catch Up|Forbs

わからないことがありましたらご相談を!

D.AI.SYは分散型クラウドファンディングプロジェクト。D.AI.SYについては『D.AI.SYとは?』の記事をご覧ください。
EndotechはAIシステムの開発を専門とするイスラエル発のAI開発企業。Endotechは暗号通貨取引所のバイナンスが主催するブローカーアワードでEndotechがスーパーアワードに選出されました。Endotechについては『Endotech(エンドテック)とは?イスラエル発のAIテクノロジー会社』の記事をご覧ください。
アンナ・ベッカー博士はEndotech社のCEOです。アンナ・ベッカー博士については『アンナ・ベッカー博士』の記事をご覧ください。
ビットポイントに登録する方法については『ビットポイントの始め方を徹底解説』の記事をご覧ください。
D.AI.SYプロジェクトに参加するためにはTronLinkが必要です。D.AI.SYに登録する方法は『D.AI.SY(デイジー)に登録する方法』の記事でご確認ください。
TronLinkを新しく作る方法は『TronLinkの新規作成と設定方法を徹底解説』の記事をご覧ください。
TronLinkは事前のバックアップ方法としてバックアッププライベートキーを管理しておく必要があります。TronLinkをバックアップする方法は『TronLinkをバックアップする方法』の記事で解説しています。
スワップとはある暗号通貨を別の暗号通貨に変換すること。TronLinkでスワップする方法は『TronLinkでスワップする方法』の記事をご覧ください。
TronLinkは他の端末に情報を移動させることができます。他の端末にTronLinkを移動させる方法は『他の端末にTronLinkを移動させる方法』の記事をご覧ください。
D.AI.SYのティアをアップグレードすることもできます。D.AI.SYのティアをアップグレードする方法は『D.AI.SYのティアをアップグレードする方法を解説』の記事をご覧ください。
D.AI.SYにログインをする方法は『D.AI.SYにログインをする方法』の記事をご覧ください。
バックオフィスの使い方については『D.AI.SYのバックオフィスの使い方』の記事をご覧ください。
開発益を引き出す方法は『D.AI.SYから開発益を引き出す方法』の記事をご覧ください。
D.AI.SYには様々な報酬プランがあります。D.AI.SYの報酬プランについては『D.AI.SYの報酬プランの種類』の記事をご覧ください。
D.AI.SYの過去の実績は『D.AI.SY AI開発の過去の実績』の記事をご覧ください。
D.AI.SYのURLは『D.AI.SYのURL一覧』の記事をご覧ください。
D.AI.SYは関連する知識がなくても大丈夫です。定期的にD.AI.SYに関する勉強会も実施しています。D.AI.SYに必要な基本知識については『D.AI.SYを理解するために必要な基礎知識』の記事をご覧ください。
他のよくある質問は『よくあるご質問』の記事を参考にしてください。

LINEにご登録いただいた方にD.AI.SYのことがわかる『D.AI.SYスタートアップガイド』を無料でプレゼントしています。

プレゼントが欲しい方は『D.AI.SYインフォメーションLINE』をご登録ください。

LINEではD.AI.SYの最新情報やウェビナーなどのお得情報も発信しています。

下記ボタンをクリックして友達追加を!
\無料でプレゼントをゲット!!/

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました